何億年もの時を経て地球が育んだ美しい石たち
格調高いイタリア貴族に由来する品格あるデザイン
日本が世界に誇る匠の技
それらが一体となって放つ輝きは、唯一無二

何億年もの時を経て地球が育んだ美しい石たち
格調高いイタリア貴族に由来する品格あるデザイン
日本が世界に誇る匠の技
それらが一体となって放つ輝きは、唯一無二

アルベルゴッティ家

西暦900年代、ドイツの皇帝オットーⅠ世と共にドイツからイタリアはトスカーナに入り、アレッツォに定住。
教会との縁が深く、これまでに5〜6人の司教を輩出。1300年代にはバローネ(男爵)の称号を受けた。
 アレッツォの街の中心には、アルベルゴッティの名を冠した道があり、
また、かつてアルベルゴッティが所有していた建物(壁面には家紋が残る)も少なくない。
 現在の当主はエンリーコ・アルベルゴッティ。
アレッツォの郊外でアグリツーリズモ(※1)を経営、ワインの製造を中心とする農業会社も経営している。

(※1) 欧州発祥。主に都市居住者が郊外や田舎にある農場や農村で余暇を過ごすこと。
日本ではグリーンツーリズムと呼ばれることが多い。農村民泊。

アルベルゴッティ家

西暦900年代、ドイツの皇帝オットーⅠ世と共にドイツからイタリアはトスカーナに入り、アレッツォに定住。
教会との縁が深く、これまでに5〜6人の司教を輩出。1300年代にはバローネ(男爵)の称号を受けた。
 アレッツォの街の中心には、アルベルゴッティの名を冠した道があり、
また、かつてアルベルゴッティが所有していた建物(壁面には家紋が残る)も少なくない。
 現在の当主はエンリーコ・アルベルゴッティ。
アレッツォの郊外でアグリツーリズモ(※1)を経営、ワインの製造を中心とする農業会社も経営している。

(※1) 欧州発祥。主に都市居住者が郊外や田舎にある農場や農村で余暇を過ごすこと。
日本ではグリーンツーリズムと呼ばれることが多い。農村民泊。

エンリコ祖母

末裔であるエンリーコ氏の祖母。
現在、エンリーコ夫妻には子供が3人おり、長男のトマーゾさんはシエナ大学経済学部を卒業後、家業のアグリツーリズモを手伝っている。

エンリコ祖母

末裔であるエンリーコ氏の祖母。
現在、エンリーコ夫妻には子供が3人おり、長男のトマーゾさんはシエナ大学経済学部を卒業後、家業のアグリツーリズモを手伝っている。

1000年以上続く歴史

900年代に、ドイツの皇帝オットー1世と一緒にドイツからトスカーナに入り、アレッツォに住み着いた。
実業家や銀行家が多いトスカーナの貴族の中では珍しく、教会とのつながりが深い。
アレッツォの中心には、アルベルゴッティがかつて所有していた建物が多くあり、壁面には家紋が残っている。街の中心の通りにはアルベルゴッティの名前が残り、市民に親しまれている。

バローネ(男爵)の称号

教会とのつながりが深いアルベルゴッティ家は、今まで5,6人の司教を出し、1300年代にバローネ(男爵)の称号を受けている。一族はシエナやフィレンツェにも広がり、フィレンツェ共和国の政治家を務めたフランチェスコ・アルベルゴッティは、フィレンツェのサンタ・クローチェ教会に眠る。

1000年以上続く歴史

900年代に、ドイツの皇帝オットー1世と一緒にドイツからトスカーナに入り、アレッツォに住み着いた。
実業家や銀行家が多いトスカーナの貴族の中では珍しく、教会とのつながりが深い。
アレッツォの中心には、アルベルゴッティがかつて所有していた建物が多くあり、壁面には家紋が残っている。街の中心の通りにはアルベルゴッティの名前が残り、市民に親しまれている。

バローネ(男爵)の称号

教会とのつながりが深いアルベルゴッティ家は、今まで5,6人の司教を出し、1300年代にバローネ(男爵)の称号を受けている。一族はシエナやフィレンツェにも広がり、フィレンツェ共和国の政治家を務めたフランチェスコ・アルベルゴッティは、フィレンツェのサンタ・クローチェ教会に眠る。

現在のアルベルゴッティ家

現在はアレッツォの郊外でアグリツーリズモを経営し、ワイン製造を中心とする農業会社も経営している。
エンリーコ夫妻の子供は3人。長男のトマーゾさんはシエナ大学を卒業後家業のアグリツーリズモを手伝っている。
長女のセレーナさんはシエナ大文学部を卒業。卒論では自分の一族の歴史を研究した。
次男のベルナルドさんはシエナ大の法学部に学ぶ。

アルベルゴッティのワイナリー

アルベルゴッティ家は現在アレッツォの郊外でアグリツーリズモを経営し、ワイン製造を中心とする農業会社も経営している。

経営するヴィラ

現在、エンリーコ夫妻には子供が3人おり、長男のトマーゾさんはシエナ大学経済学部を卒業後、家業のアグリツーリズモを手伝っている。

現在のアルベルゴッティ家

現在はアレッツォの郊外でアグリツーリズモを経営し、ワイン製造を中心とする農業会社も経営している。
エンリーコ夫妻の子供は3人。長男のトマーゾさんはシエナ大学を卒業後家業のアグリツーリズモを手伝っている。
長女のセレーナさんはシエナ大文学部を卒業。卒論では自分の一族の歴史を研究した。
次男のベルナルドさんはシエナ大の法学部に学ぶ。

アルベルゴッティのワイナリー

アルベルゴッティ家は現在アレッツォの郊外でアグリツーリズモを経営し、ワイン製造を中心とする農業会社も経営している。

経営するヴィラ

現在、エンリーコ夫妻には子供が3人おり、長男のトマーゾさんはシエナ大学経済学部を卒業後、家業のアグリツーリズモを手伝っている。

Jewelry Renaissance

真珠堂
〒135-0047 東京都江東区富岡1-8-10 TEL.03-3630-3252
<since 1947>