『まなづるとダァリヤ』 宮沢 賢治より

『まなづるとダァリヤ』 宮沢 賢治
くだものの畑の丘のいただきに、ひまはりぐらゐせいの高い、黄色なダァリヤの花が二本と、まだたけ高く、赤い大きな花をつけた一本のダァリヤの花がありました。
 この赤いダァリヤは花の女王にならうと思ってゐました。
 風が南からあばれて来て、木にも花にも大きな雨のつぶを叩たたきつけ、
丘の小さな栗くりの木からさへ、青いいがや小枝をむしってけたたましく笑って行く中で、この立派な三木のダァリヤの花は、しづかにからだをゆすりながら、かへっていつもよりかゞやいて見えて居をりました。
 それから今度は北風又三郎が、今年はじめて笛のやうに青ぞらを叫んで過ぎた時、丘のふもとのやまならしの木はせはしくひらめき、果物くだもの畑の梨なしの実は落ちましたが、此このたけ高い三本のダァリヤは、ほんのわづか、きらびやかなわらひを揚げただけでした。
chrysocolla
Venetian Glass
mell diamond
pt900/k18 brooch & pendant