魔王 ゲーテ / シューベルト

魔王        ゲーテ

 こんな夜半に、風を切って馬を駆っているのは誰だろう。
 それは子を連れた父親だ。
 父は子を腕にかかえ、しっかりと掴み、暖かく抱いている。
「我が子よ、どうしておまえはそんなにおどおどして、顔を隠しているのだ?」
「お父さん、お父さんには魔王が見えないの?
 冠をかぶり、裾を長くひいている魔王が?」
「我が子よ、あれは霧がたなびいているのだ。」
「かわいい子よ、おいで!私と一緒に行こう。
 とても面白い遊びをしてあげるよ。
 色とりどりの花が岸辺にたくさん咲いている。
 うちのお母さんは黄金の着物をたくさん持っているよ。」
「お父さん、お父さん、お父さんには聞こえないの?
 魔王が小さな声で僕に約束しているのが?」
「静かにしなさい。静かにしなさい、我が子よ。
 枯れ葉が風でざわめいているのだよ。」
「いい子だ、おまえは私と一緒に行かないか?
 うちの娘たちにおまえの世話をよくさせよう;
 うちの娘たちは夜の輪踊の先導をつとめ、おまえを
 揺すり、踊って、歌っておまえを寝かせてあげるよ。」
「お父さん、お父さん、お父さんにはあそこの暗い所にいる
 魔王の娘たちが見えないの?」
「我が子よ、我が子よ、私にはよく見えるよ; 
 古い柳があんなに灰色に光っているのだ。」
「私はおまえが好きだ;おまえの美しい姿が私を引きつける。
 来るのがいやなら、力づくで連れて行くぞ!」
「お父さん、お父さん、魔王が僕を捕まえる!
 魔王が僕に痛いことをしたよ!」
 父親は恐ろしくなり、急いで馬を駆る。
 両腕でうめく子をかかえ、辛うじて屋敷に着いた時、
 腕の中で子供は死んでいた。
ブラックカルセドニィー ボルダーオパール ルビー
彫金(馬・アンティーク)
k18 pt900 silver pendant